顎ニキビのせいで鏡を見るのも人と会うのも嫌!口コミで知った解決法!

思春期の悩みだったニキビ。何度も洗顔料や化粧水を変えたり、皮膚科に通ったり。
そしてその思春期のトレードマーク(?)だったニキビは、現在大人ニキビへ。いわゆる吹き出物。特に私が気になったのは顎ニキビ。なかなか治りづらいし、跡も残りやすく、完治する前に増殖していく。
病院に行くと必ず言われるのが「規則正しい生活と、ストレスを溜めずよく眠ること」。それが出来ないから病院に通ってるんです…
ここからが本題です。そんな厄介な顎ニキビとオサラバできる方法!友達から聞いたりインターネットで検索したりした中で、効果のあったものを紹介!どんな薬よりも効きます!
・朝食前にぬるま湯を飲み、しばらく経ってから食べる。
胃腸からくるニキビって意外と多いんです。しかも朝なんかは起きたてなので、いきなりドカドカ食べてしまうと体内に負担がかかるためニキビにも影響するんです。
なので、しっかり起きてまずお水を飲んで体内を起こす。そして、負担のかからない食べ物にする。
たったこれだけです。ですが嘘かと思うくらいにスッキリ無くなりました。またヨーグルトもとてもいい効果をもたらせてくれます。
悩めば悩む程増え続ける顎ニキビ。これで簡単にオサラバしましょう!

口コミを見て化粧品を手当たり次第に試したら顎ニキビが悪化!

肌荒れが始まったのは大学生の頃でした。
そのころ私は好きな人がいて、肌をキレイにしようと必死になっていたんです。
半身浴をしたり、高い化粧品を買ってみたりして、女子力を上げていました。
しかし不思議なことに、肌ケアに力を入れれば入れるほど肌荒れがひどくなっていったのです。
そしてこの頃から顎ニキビができるようになってしまいました。
好きな人は同じ大学のサークルだったのですが、肌荒れを見られるのが嫌でサークルに参加できなくなってしまったんです。
ケアに力を入れているのにニキビがひどくなるのがストレスになって、更に肌荒れしてしまうという悪循環でした。
徐々に周りの目も気になり始めて、マスクをつけて講義を受けるようになったんです。
この頃は今思い返しても本当にツラかったですね。
でも、そのあと何もしない方がいいのではないかと思い、今まで行っていた念入りな肌ケアを全て止めたんです。
そしたら顎ニキビもだんだんと数が少なくなっていって、肌荒れが落ち着いていきました。
当時は肌がキレイになったという口コミを見ればなんでも試していたので、それが肌に負担を掛けていたのかもしれません。
今は化粧水と乳液だけのシンプルケアで、肌の調子はいいです。

顎ニキビのせいでばけもの扱い・・・そんな私の口コミ

「ニキビ」ってできるだけで憂鬱にもなるし、できやすい人とできにくい人がいるのもまた事実・・・。
私はもともとニキビ肌で小学生くらいのころからずっとニキビに悩まされてきて神様は不公平だなと運命を恨んだりもしました(笑)
そんな私が顎ニキビに悩むようになったのは思春期ニキビの時期が終わり大人ニキビへと変化を遂げてきた大学生くらいの頃です。
まず思春期ニキビとの違いは何といっても治りにくいことですね。
芯がしっかりあるといいますか、乾燥から出てくるものも大人ニキビには多いので一筋縄ではいかないものが多いのです。
年齢とともにニキビは下がってくるといわれています。
思春期ニキビはTゾーンといわれる場所が多いのに対し大人ニキビはUゾーンです。
そして食生活などもたたり顎ニキビが激しく出た大学一回生の私はニキビマンとあだ名をつけられマンじゃなくてウーマンだよとか思いながらも悲しい大学生活のスタートを切ってしまったのです。
ちなみに今はだいぶ落ち着いてマシになってきましたがおすすめの対処法としてはしっかり保湿するということです。
上記にも書きましたが感想が原因の事が多いのでなるべくストレスと乾燥、そして睡眠不足は避けるようにしましょう。